立川病院

EN

診療受付時間
8:15〜11:30入口は8時開錠になります
休診日
第1・3・5土曜、日曜
祝日、年末年始
外来予約
042-523-3856(初診予約・予約変更)

形成外科とは

生まれつき、又は外傷や手術など何らかの原因により目に見える形態や機能の異常に対して、治療を行う外科系の専門診療科です。

形成外科領域は特に、同じ疾患であっても病態には目に見える個人差があり、患者さんの悩みも多岐に渡ります。単に病気を治すばかりではなく、外科的治療により生活の質(QOL)の向上に貢献することを目的とし、患者さんの精神的負担の軽減や社会復帰を目指しています。

代表的な疾患と症状

代表的な症状

  • 腕や足のむくみ(リンパ浮腫)
  • まぶたが下がってきた
  • 目がゴロゴロ、チクチクと痛い
  • 乳がん治療後の失われた乳房
  • 顔の骨の骨折
  • 顔面神経の麻痺

代表的な疾患

リンパ浮腫
婦人科系がんや泌尿器科系がん、乳がん手術でのリンパ節郭清後に、又は生まれつきリンパ管やリンパ節の発育が悪いために、体にたまった老廃物を運搬するリンパ管が塞がり、皮膚や脂肪組織の間にリンパ液がたまり、腕や脚にむくみ(浮腫)が生じた状態です。
眼瞼下垂症
眼を開ける筋肉や膜が弱ることで、数年かけてまぶたが下がり、眼を開けにくくなる病気です。しかし、内科疾患が隠れていることもあり、診断のもとに治療を行う必要があります。 単なる整容面の改善のための手術は、当院では扱っておりません(保険対象外)。
睫毛内反症 (逆さまつげ)
瞼縁が眼球側に向かい、まつ毛又は瞼縁の皮膚が角膜を刺激している状態が続き、角膜損傷を繰り返すものです。慢性的な角膜の傷は視力にも影響する可能性があります。涙が多く出る、異物感、目やになどの角膜刺激症状は、手術で改善します。
乳がん術後後遺症 (乳房再建希望の方)
乳がんの切除により変形した、あるいは失われた乳房をできる限り取り戻すための手術を乳房再建術といいます。乳房の喪失感が軽減し、下着着用時の補正パットが不要になるなどの日常生活の不都合が減少します。手術する時期や手術法が数種類あります。
その他の悪性腫瘍切除後の組織欠損
悪性腫瘍を切除した後、皮膚皮下組織、筋肉や骨に大きな欠損を生じた場合には、機能や外観に問題や課題が生じます。自分の皮膚、筋肉や骨などの一部を移植(皮弁形成術)して、欠損した部分を治療する再建手術を行います。
顔面神経麻痺後後遺症
顔面神経は主に顔の筋肉である表情筋を動かす神経で、何らかの原因で麻痺した場合顔貌が大きく変わってしまいます。具体的な表情筋の麻痺症状としては、眉毛・まぶたが垂れ下がる、目を完全に閉じることができず眼球が乾燥し、痛む、笑うと顔が歪むなどです。
顔面骨骨折
顔面骨骨折とは、顔面を形成する骨に何らかの外力が加わることで生じる骨折(鼻骨骨折、頬骨骨折、眼窩底骨折、上顎骨折など)のことです。顔面骨は多くの骨が組み合わさって形成されています。治療は手術による整復術で、受傷後1~2週間以内に行います。
皮膚皮下の良性腫瘍
粉瘤、母斑(ほくろ、脂腺母斑など)、脂肪種、骨腫、上眼瞼黄色腫など。主に良性の皮膚腫瘍に対する切除術も行います。また、受診された際に悪性(がん)が疑われる場合は適切なタイミングで専門各科へ紹介させていただき、連携をとることもしています。

当科の特長

1.リンパ浮腫の外科的治療
当院の形成外科は多摩地区では珍しく、リンパ浮腫に対する外科的治療「リンパ管静脈吻合術」を行っています。 リンパ浮腫専門看護師も在籍しており、複合的理学療法と手術療法を組み合わせることで症状の改善が期待できます。
2.東京都がん診療連携拠点病院ならではのチーム医療、再建手術
がん治療により生命が救われても、機能的障害のみならず整容的不自由により生活や外出に支障が生じたり、苦痛を伴うのでは本当の治療が完了したとは言えません。各診療科と連携し、その後の人生や生活をより豊かに快適に過ごすための再建手術を目指します。
3.まぶたの手術
眼瞼下垂は非常にありふれた病気です。眼瞼下垂や睫毛内反が進行すると、日常生活に支障をきたすようになります。手術の後は腫れますので、日帰り手術で不安な場合、数日入院していただき、傷の処置がご自身で出来るようにお手伝いいたします。

外来担当表

2024年2月 1日 現在

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 第2.4土曜日
A7:
診察室
濱田
[形]
交代制
[形]
処置外来 リンパ浮腫外科
A8:
診察室
福田
[形]
処置外来 福田
[形]
矢澤
[再]
第2
福田[形]
全身麻酔手術 午後 外来手術 午後 外来手術

横スクロールでご確認ください

[形]形成一般 /[リ]リンパ浮腫(外科) / [顔]顔の外傷・骨折 / [再]再建外科 / [ま]まぶた

スタッフ

濱田 茉梨子医長
資格
  • 日本形成外科学会 専門医
福田 凌医員
資格

メッセージ

十分に納得して治療を受けていただけるように、現在の状態についてわかりやすく説明し、患者さんとコミュニケーションを取りながら質の高い医療を提供できるように心掛けています。遠慮なくご相談ください。