立川病院

EN

診療受付時間
8:15〜11:30入口は8時開錠になります
休診日
第1・3・5土曜、日曜
祝日、年末年始
外来予約
042-523-3856(初診予約・予約変更)

整形外科とは

整形外科では首から下の痛みやしびれ、上下肢の変形や運動障害、歩行障害、上下肢や胴体のしこり、『検診で骨粗鬆症といわれた』など筋骨格系・脊髄末梢神経系の運動に関連する様々な症状を診療します。

症状や疾患は首から下の多岐にわたるため、脊椎/肩/手・肘/股関節/膝/足/腫瘍/リウマチなど各部位・分野別に専門性を有する医師が診断、治療にあたります。当科は地域医療支援病院として、診療所ではできない検査を必要とする患者様、入院や手術治療を必要とする患者様に対応します。

代表的な疾患と症状

代表的な症状

  • 怪我をして骨折・脱臼といわれた
  • 手指や関節の痛みや腫れ、変形
  • 関節がぐらぐらする、動きが悪い。
  • 上下肢の痛みやしびれ
  • 腰や背中が曲がるなど姿勢が悪くなった
  • 上下肢、胴体にしこりができた

代表的な疾患

大腿骨頚部骨折
高齢者が転倒し脚の付けねが痛くなり動けなくなります。今まで通りに歩けなくなったり、寝たきりになると余命にも影響します。骨接合術や人工骨頭挿入術といった手術治療で、機能回復の可能性をたかめ床ずれや誤嚥性肺炎、認知症の進行などの余病を防ぎます。
靭帯損傷
スポーツ選手のけがで多い膝前十字靭帯損傷、足首の捻挫後の足関節外側靭帯損傷、野球投手の内側側副靭帯損傷などが有名です。痛みや腫れ、ぐらつきなどの症状で競技レベルが低下します。適切な靭帯再建術により関節機能を回復し将来の関節症発症を防ぎます。
変形性関節症
股、膝、足首、肩、手指、足趾など様々な関節に生じます。軟骨がすりへり痛みや変形、動く範囲の減少、水がたまるなどの症状で生活の支障をきたします。多くは経年劣化で発症し部位や進行度に応じて人工関節置換術や骨きり術、関節固術などで治療されます。
外反母趾
母趾の付け根が出っ張ってきて見た目が悪くなり靴が履きにくくなります。ひどくなると外側趾の脱臼、内反小趾などを合併してきます。靴で困っている方や痛みが強い方は手術の効果が期待できます。1~2週程度の入院期間です。
手根管症候群
手首にある神経の通り道、手根管で正中神経が圧迫され母指から薬指のしびれを生じます。進行すると母指の動きが悪くなります。中年女性、糖尿病、透析施行中の方に多くみられます。ひどくなる前に手首の靭帯を切離し神経への圧迫を解除します。
頚椎症性脊髄症
加齢に伴う頸椎変形により脊柱管が狭くなることで、手足の痛みやしびれの他、字が書きにくい、箸が使いづらい、力が入らない、足がもつれて歩きづらいなど、多彩な症状が出現します。内服薬など保存療法で改善しない場合は脊柱管を広げる拡大術を行います。
腰部脊柱管狭窄症
加齢に伴う腰椎変形により神経の居場所である脊柱管が狭くなり、脚の痛みやしびれが出現します。続けて歩くことができず腰を曲げて休むとまた歩けるようになる間欠跛行は特徴的な症状です。重症例には椎弓切除術や後方・除圧固定術を行います。
骨軟部腫瘍
首から下の骨や、筋肉、神経、血管、皮下組織などに生じた『できもの・しこり』は整形外科での治療対象です。専門医が少ない一方、初期治療の優劣がその後に与える影響は甚大で要注意の疾患です。近年は骨転移、脊椎転移の治療機会が増加しています。

当科の特長

1.高度の専門性を持つ医師の集合体としてのチーム医療
当科は専門医の多い脊椎外科、股・膝関節外科はもちろん、専門医が少ない肩関節外科、手外科、足の外科、骨軟部腫瘍など、整形外科すべての分野をカバーします。各専門医の協力・連携により相乗効果を発揮しスキのないチーム医療を実現します。
2.総合病院だからできる高齢化社会にマッチした周術期管理
手術が成功しても高齢患者様の持病悪化や余病発症により経過不良では困ります。当院は精神科、歯科口腔外科など全科をもつ総合病院です。入院中のサポートはもちろん、外来通院の手術計画段階から患者様の特性に応じた各科介入を行い治療の安全性を高めます。
3.教育病院としてのベテラン医師と若手医師の協調
当科は慶應義塾大学、防衛医科大学校、東京医療センターを基幹とする整形外科専門研修プログラムに参加しています。熟練したベテラン医師の技術や経験と、若さ溢れる後期研修医のパワーや機動力がミックスされ、より良い質と量の医療提供を実践します。

外来担当表

2024年5月 1日 現在

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 第2.4土曜日
初診 鈴木
[整・腫・股]
小久保
[足]
三尾
[膝]
藤巻
[手・肘]
西山
[脊]
5/24代診あり
第2
宇髙[整・腫・外]
第4
平石[整・外]
再診 三尾
[膝]
交代制 小久保
[足]
5/22休診
平石[整・外]
鈴木
[腫・股]
交代制 第2
谷野[リ]
第4
船山[股]
5/25休診
再診 藤巻
[手・肘]
櫻木
[膝・外]
西山
[脊]
予約のみ
午前 第1
藤江
[股]
午後
[足]
宇髙[整・腫・外] 第3
鈴木
[骨転移外来]
第4
中山[腫]
第2
平賀[肩]

[足]
5/24休診

横スクロールでご確認ください

[整]整形一般 / [足]足/ [膝]膝 / [手]手/ [肘]肘 / [脊]脊椎脊髄 / [腫]腫瘍外来 / [リ]リウマチ外来 / [側]側彎(そくわん) / [股]股関節 / [外]骨関節外傷

PIP関節脱臼骨折/人工指関節・人工肘関節症例蒐集中

スタッフ

鈴木 禎寿整形外科部長
資格
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
  • 日本整形外科学会 認定骨・軟部腫瘍医
  • 日本リウマチ学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 緩和ケア研修会受講修了
三尾 健介医長
資格
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 認定運動器リハビリテーション医
  • 日本整形外科学会 認定リウマチ医
  • 日本リウマチ学会 専門医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 日本パラスポーツ協会 パラスポーツ指導医
小久保 哲郎医長
資格
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本整形外科学会 認定スポーツ医
  • 日本整形外科学会 認定リウマチ医
  • 日本足の外科学会 評議員
  • 日本靴医学会 評議員
藤巻 亮二医長
資格
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本手外科学会 専門医・代議員
  • 日本整形外科学会 認定スポーツ医
  • 東日本整形災害外科学会 評議員
  • ASSH International member(アメリカ手外科学会国際会員)
西山 雄一郎医長
資格
  • 日本整形外科学会 認定医・専門医・指導医
  • 日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄病学会 認定脊椎脊髄外科指導医
関 広幸医長
資格
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本足の外科学会 認定医・評議員
宇高 徹医長
資格
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 小児運動器疾患指導管理医
平石 優理医員
資格
櫻木 彬一医員
資格
  • 日本整形外科学会 専門医
金治 有彦非常勤/藤田医科大学整形外科機能再建学 臨床教授/慶應義塾大学整形外科 特任教授
資格
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本股関節学会 評議員
  • 日本小児整形外科学会 評議員
  • 日本人工関節学会 評議員
谷野 善彦非常勤/藤井外科胃腸科・整形外科 院長
資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本整形外科学会認定スポーツ医
  • 日本リウマチ学会専門医
  • 日本手外科学会専門医・指導医
  • 日本肘関節学会評議員
船山 敦非常勤/済生会横浜市東部病院 整形外科副部長
資格
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本人工関節学会 評議員
  • 日本関節病学会 評議員
  • 日本骨折治療学会 評議員
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
中山 ロバート非常勤/慶應義塾大学医学部整形外科専任講師
資格
  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 緩和ケア研修会受講修了
  • 日本サルコーマ治療研究学会 評議員
  • 日本小児整形外科学会 評議員
  • 東日本整形災害外科学会 評議員
藤江 厚廣非常勤/慶應義塾大学整形外科講師
資格
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本骨粗鬆症学会認定医
平賀 聡非常勤/日野市立病院整形外科
資格
  • 日本整形外科学会専門医

メッセージ

当科所属の医師は各分野のスペシャリストであり高度に細分化、専門化した領域に精通すること職人レベルです。我慢するしかないと治療をあきらめていたかた。当科を受診し最善の方法を一緒に考えてみませんか。